「自転車に乗っていたら交差点で車と衝突してしまった。」
「過失割合の基本的な考え方を知りたい。」

この記事は、このような状況でお困りの方のために書きました。

こんにちは!弁護士の山形です。
この記事では、初めて交通事故にあってしまった方のために、自転車事故の過失割合について解説しています。
これから過失割合について交渉するという方はぜひ参考にしてみてください。

弁護士 山形祐生(やまがたゆうき)
静岡県弁護士会所属
静岡法律事務所
静岡市葵区馬場町43番地の1
TEL:054-254-3205
静岡県交通事故相談所の顧問弁護士(静岡県知事の委嘱による)。
日本交通法学会に所属し、交通事故に関する最新の裁判例等の研究をしている。静岡県外からの相談・依頼も多く、現在までに300件以上の交通事故案件を手掛けてきた(2022年1月時点)。保険会社との交渉を得意とする。案件としては、過失割合、慰謝料、後遺障害、死亡事故に関するものが多い。
無料相談の予約
弁護士費用の詳細

自転車の特徴

自転車の車道通行の原則

自転車は、免許が必要なく手軽に乗ることができますが、法律上は、軽車両として扱われます。
そのため、原則として、歩道等と車道が区別されている道路では車道を通行しなければなりませんせんし、また、道路では左側部分を通行しなければならない通行しなければなりません。
ただし、著しく歩行者の通行を妨げることとならなければ路側帯を走行できる場合があります。

自転車の歩道通行

自転車は、以下のような場合には、例外的に歩道を通行することができます。

自転車で歩道を通行できる場合

①道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき。
②当該普通自転車の運転者が、児童、幼児その他の普通自転車により車道を通行することが危険であると認められるものとして政令で定める者であるとき。※児童及び幼児、70歳以上の方、身体の障害がある方などです。
③車道又は交通の状況に照らして当該普通自転車の通行の安全を確保するため当該普通自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき。

ただし、上記の条件を満たして歩道を通行できる場合であっても、基本的には、普通自転車は、歩道の中央から車道寄りの部分を徐行しなければなりませんし、また歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければなりません。
歩道ですから、あくまで歩行者優先ということですね。

ちなみに、自転車が歩道を通行するときの「徐行」というのは、時速6km~8km程度と考えられています。

基本的な過失割合は「判例タイムズ」で確認

基本的な過失割合

弁護士と保険会社が過失割合について交渉する際には、「別冊判例タイムズ38」という本を参考にします。
略して「判例タイムズ」「ハンタ」と呼んだりします。
この本では、様々な状況での事故類型と基本的な過失割合が整理されています。
裁判でも基本的には、判例タイムズの類型を前提に議論されることが多いです。
ですから、交渉前に、まずは、ご自身の事故状況に近い類型が判例タイムズに掲載されているか確認することをオススメします。

自転車事故での注意事項

判例タイムズの基本的な過失割合は、自転車が普通の速度(時速15km程度)であることを前提としています。
そのため、低速で走行していた自転車については、歩行者と同視できるような場合があります。

一方、自転車が普通の速度を大幅に超える速度(原付自転車の制限速度である時速30km程度が目安になると言われています。)で走行していた場合には、単車の事故の基準を参考に過失割合が検討される場合もあります。

つまり、自転車の場合は、事故時の速度によって、歩行者や単車と同視されて、基本的な過失割合が変わってくる場合があるので、注意しましょう。

修正要素

判例タイムズには、事故類型ごとに、基本的な過失割合と修正要素が記載されています。
つまり、それぞれの事故類型での基本的な過失割合を前提に、例えば、加害者に速度違反があった場合には、+10%の過失を加算など、修正される事情が挙げられています。

以下では、自転車特有の修正要素の一部について解説します。

自転車の右側通行

先ほども説明しましたとおり、自転車は原則として、道路の左側部分を通行しなければなりません。
そのため、自転車が道路の右側を通行し、車両の左方から交差点に進入した場合には、+5%程度の過失が加算される場合があります。
一方、自転車が道路の右側通行をしていたものの、車両の右方から交差点に進入した場合には、車両から自転車を視認しうる時間が長くなるので、修正要素とはされないことが多いです。

ちなみに、信号機が設置されている交差点での事故の場合は、基本的な過失割合を設定する際に、右側通行も考慮されているので修正要素とはなりません。

自転車の著しい過失

例えば、酒気帯び運転、2人乗り、無灯火、並進、傘差しなどの片手運転、脇見運転、携帯電話の使用をしながらの運転などをしていた場合には、自転車に「著しい過失」があるとされ、+10%程度の過失が加算される場合があります。

自転車の重過失

例えば、酒酔い運転、いわゆる「ピスト」等の装置不良などの場合には、自転車に「重過失」があるとされ、+15%程度の過失が加算される場合があります。

自転車事故の過失割合に関する無料相談

いかがでしたか?
今回は、自転車事故の過失割合について解説しました。
現在、自転車事故の過失割合について、無料相談を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

無料相談の方法(全国対応)

メールやLINEで無料相談

事務所で弁護士と会うことなく、予約不要でメールやLINEで無料相談をしていただけます。
メールやLINEでの無料相談を希望される方は、メール相談LINE(いずれも24時間受付)から、自由に
ご相談内容を送ってください。
弁護士が直接、回答致しますので、お時間をいただく場合があります。

事務所での面談・Zoomによる無料相談

事務所での面談・Zoomによる無料相談を希望される方は、
お電話(054-254-3205)(平日の9時~17時30分受付)

予約ページ(24時間受付)

LINE(24時間受付)から予約をお願い致します。

お電話の場合、受付で「山形弁護士への無料相談を希望する」旨をお伝えいただき、山形弁護士と直接、面談日の調整をしてください。
山形弁護士が不在の場合には折り返しお電話させていただきます。

予約ページ、LINEからご予約いただいた場合には、山形弁護士から日程調整のご連絡をさせていただきます。
※ご連絡にお時間をいただく場合があります。

弁護士費用

11万円+保険会社等からの回収金額の11%(税込)

相談料と着手金は無料です。
弁護士費用は、交渉等が解決した後の完全後払いになります。
※訴訟等の手続に移行する場合や複雑な事案などについては、上記とは異なる料金体系とさせていただくことがありますが、その場合には、ご依頼いただく前にご説明させていただきます。

ところで、「弁護士費用特約」というものをご存じでしょうか?
自動車保険などに付帯している特約のことで、弁護士に依頼する際の弁護士費用を補償してくれます。

弁護士費用特約を使える場合には、補償上限額まで保険会社が弁護士費用を代わりに支払ってくれますので、ほとんどのケースで実質無料で交渉や裁判等を弁護士に依頼できます。

弁護士費用特約を利用しても、保険料は変わりませんので、可能な場合には利用することをお勧めします。

「弁護士費用特約を使えるか分からない」という場合には、弁護士が代わりに保険会社に確認することもできますので、お気軽にご相談ください。

よくある質問

Q 静岡以外の地域に住んでいるのですが、静岡以外の地域からの相談・依頼は可能ですか?
A 
静岡県以外の方からのご相談・ご依頼もお受けしております。
   これまで、北海道、青森、福島、福井、東京、群馬、栃木、千葉、神奈川、愛知、長野、岐阜、滋賀、三重、奈良、兵庫、広島、島根にお住まいの方からご依頼・ご相談いただいた実績がありますので(令和4年4月現在)、その他地域にお住まいの方もお気軽にご相談・ご依頼ください。

Q ケガはなく、物損(車の修理費用など)の過失割合だけが問題になっているのですが、相談・依頼することはできますか?
A 物損だけの事故についてもご相談・ご依頼を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

Q 小さな事故で、特に保険会社との間で揉めていないのですが、弁護士に相談しても良いですか?
A もちろん、問題ありません。
   弁護士に依頼することで、小さなケガであっても示談金額が増額される可能性がありますし、保険会社との対応を全てお任せできるというメリットがありますのでお気軽にご相談ください。

Q 他の弁護士に依頼しているのですが、変更して依頼はできますか?
A 現在、依頼している弁護士との契約を解除していただいたうえで、ご依頼いただくことになります。また、弁護士費用特約を利用している場合には、ご自身の保険会社に担当弁護士を変更したい旨を伝えて了承を得てください。現在、依頼している弁護士に変更を申し出づらい場合には、ご相談ください。 

Q 弁護士費用で費用倒れ(赤字)になることはありませんか?
A 
ご相談内容を詳しく伺ったうえで、もし、少しでも費用倒れの可能性がある場合には、必ずご依頼前にご説明させていただきます。万が一、増額した金額よりも弁護士費用が高額となる場合は、増額した金額が弁護士費用の上限となりますので、損をすることはありません。
   なお、弁護士費用特約をご利用の場合は、費用倒れになることはありません。

Q どの段階から費用が発生しますか?
A 相談では一切費用は発生しません。弁護士との間で委任契約書を作成して、正式にご依頼いただいて、弁護士が交渉等の活動を開始した段階から費用が発生致します。

Q 日中は仕事で忙しいので、弁護士事務所に行ったり、電話をしたりすることが難しいのですが・・・
A 夜間や土日祝日に打ち合わせをするこも可能ですし、ご依頼後の弁護士との連絡手段をメールやLINEにすることも可能です。
   なお、裁判をせずに示談交渉で解決する場合、ほとんどのケースで、依頼後に事務所での打ち合わせをすることなく終了しています。

Q 裁判まではしたくないのですが、交渉で示談することは可能ですか?
A 裁判まで行うか、交渉で示談をして終わらせるかは、依頼者の方が決めることになりますので、交渉での解説を希望される場合には、裁判にはなりません。な
      なお、私がこれまで扱ったケースでは、8割ほどが交渉で解決しています。

Q 解決までには、どれくらいの時間が掛かりますか?
A 事案にもよりますが、交渉の場合、治療が終わってから1~2ヶ月程度で示談して終わるケースが多いです。物損のみの場合は、交渉開始から1ヶ月程度のケースが多いです。ただし、後遺障害の申請をしたり、過失割合に争いがあって実況見分調書等を取り寄せる場合には、プラス2、3月程度かかります。
また、裁判の場合は、早くても半年程度は掛かります。私が過去に扱った裁判では、1年~2年で終わるケースが多いです。

Q 弁護士に相談したら必ず依頼しなければいけないのでしょうか?
A もちろん、相談だけで依頼しなくても問題ありません。むしろ、複数の弁護士に会って相談したうえで、最も信頼できる弁護士に依頼することをお勧めします。

弁護士 山形祐生(やまがたゆうき)
静岡県弁護士会所属
静岡法律事務所
静岡市葵区馬場町43番地の1
TEL:054-254-3205
静岡県交通事故相談所の顧問弁護士(静岡県知事の委嘱による)。
日本交通法学会に所属し、交通事故に関する最新の裁判例等の研究をしている。静岡県外からの相談・依頼も多く、現在までに300件以上の交通事故案件を手掛けてきた(2022年1月時点)。保険会社との交渉を得意とする。案件としては、過失割合、慰謝料、後遺障害、死亡事故に関するものが多い。
無料相談の予約
弁護士費用の詳細