静岡で交通事故に強い弁護士への無料相談・示談交渉の依頼を希望される方へ

はじめまして。静岡法律事務所の弁護士の山形と申します。
私は、交通事故被害者に寄り添う弁護士として、個人で200件以上の交通事故案件を手がけてきました。
また、令和3年から静岡県知事の委嘱により静岡県交通事故相談所の顧問弁護士に就任しました。
特に、慰謝料、後遺障害、死亡事故案件の交渉・裁判について豊富な経験を蓄積しております。
著書:「弁護士がコンパクトに解説 はじめての交通事故」(デザインエッグ社)
その他プロフィールの詳細は、こちらからご覧ください。

無料相談(全国対応)

「通院中なのに治療費の支払いの打ち切りの連絡が来た」
「痛みがあるのに、後遺障害が認定されない」
「保険会社から提示された示談金額が適切なのかどうか分からない」
など、交通事故に遭われてしまった被害者の方のために無料相談を行っています。

相談は無料で、夜間や土日祝日のご相談にも対応しています(要予約)。
小さなお子様を連れてのご相談でも全く遠慮はいりません。
事故に遭われたご本人が事務所にお越しいただくことが大変な場合には、ご家族からのご相談にも対応しています。

通院中であってもアドバイスできることが多くありますので、ご相談は事故から早ければ早いほど良いです。
もちろん、相談をしたからといって必ず依頼をしなければならないということはありませんので、お気軽にご相談ください。

無料相談を希望される方は、お電話(054-254-3205)(平日の9時~17時30分受付)または相談予約ページ(24時間受付)から予約をお願い致します。
メールでの無料相談は、問い合わせページから24時間受け付けております。

交渉を依頼する場合の弁護士費用

交渉をご依頼いただく場合の弁護士費用は、以下のとおりです。

11万円+保険会社等から支払われた金額の11%(税込み)   

弁護士費用は、交渉等が解決した後の完全後払いになります。
※訴訟等の手続に移行する場合や複雑な事案などについては、上記とは異なる料金体系とさせていただくことがありますが、その場合には、ご依頼いただく前にご説明させていただきます。

過去に私が扱ったケースで実際に掛かった弁護士費用の金額や解決までに掛かった期間については、以下のページで紹介していますので参考にしてみてください。

なお、弁護士費用特約を利用される場合は、補償上限額まで保険会社が弁護士費用を負担しますので、ほとんどのケースで実質無料で交渉や裁判等をご依頼いただけます。
※弁護士費用特約を利用しても、保険料は変わりませんので、利用可能な場合には利用することをお勧めします。

交通事故でよく問題になる点

交通事故でよく問題になる点について以下の記事でも解説しています。
その他の記事については、本ページの一番下又は右に表示される「記事のカテゴリー」から見ることができます。




賠償金額が増額された解決事例

主婦の休業損害が3倍以上に増額

・女性(40代・主婦)/頚椎捻挫、腰椎捻挫
・後遺障害:なし(完治)
・事前提示167万円⇒示談額261万円
 94万円の増額(休業損害26万円⇒93万円)

【ポイント】
ご依頼者様は静岡市にお住まいの専業主婦の方で、事故の影響により家事に支障が生じていました。2カ月ほどの示談交渉の結果、家事労働について、保険会社からの事前提示額の3倍以上の休業損害が認められました。  

後遺障害非該当から裁判で11級相当を前提に和解

・男性(60代・会社員)/頚椎捻挫、腰椎捻挫等
・後遺障害:非該当→11級相当
・事前提示720万円⇒和解金額1,970万円
 1,250万円の増額

【ポイント】
ご依頼者様は、後遺障害について非該当の認定を受けたことから相談に来られました。まず、弁護士が主治医との面談を行った後、異議申立を行い、後遺障害14級9号の認定を受けました。しかし、それでもご依頼者様の状態を十分に反映した認定とは言えませんでしたので、裁判を行い、最終的に、11級相当の後遺障害が生じたことを前提に、保険会社からの事前提示額の2倍以上の金額で和解することが出来ました。

重度の後遺障害|被害者の将来介護費や成年後見人報酬を認定

・男性(60代、会社員)/外傷性くも膜下出血
・後遺障害:1級(既存障害あり)
事前提示2,860万円⇒和解金額9,420万円
   6,560万円の増額

【ポイント】
ご本人様は、事故の後遺障害により意思疎通が困難な状態でしたので、ご家族の方が相談に来られました。ご本人様は、事故の影響により将来にわたって介護が必要な状況にありましたが、保険会社はその必要性を認めませんでした。そのため裁判を行い、当方が請求した将来介護費の満額が認められました。また成年後見人報酬や逸失利益等の損害についても大幅に増額され、最終的に、保険会社からの事前提示額の3倍以上の金額で和解することが出来ました。

その他の過去の解決事例につきましては、以下のページでも紹介していますので、参考にしてみてください。

静岡法律事務所
弁護士 山形祐生(やまがたゆうき)
静岡県弁護士会所属
事務所住所:静岡市葵区馬場町43番地の1
連絡先:054-254-3205
静岡県交通事故相談所顧問弁護士(令和3年から静岡県知事の委嘱による)。
日本交通法学会に所属し、交通事故に関する最新判例等を研究している。
静岡県内を中心に多くの相談・依頼を受け、特に、慰謝料、後遺障害、死亡事故に関する相談・依頼が多い。
著書:「弁護士がコンパクトに解説 はじめての交通事故」(デザインエッグ社)
過去の解決事例
無料相談の予約
弁護士費用の詳細

【主な相談対応可能エリア】 ※静岡県外の方もお気軽にご相談ください。
静岡市駿河区、静岡市葵区、静岡市清水区、浜松市中区、浜松市東区、浜松市西区、浜松市南区、浜松市北区、浜松市浜北区、浜松市天竜区、湖西市、沼津市、三島市、富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、田方郡函南町、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、駿東郡小山町、島田市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、袋井市、御前崎市、菊川市、牧之原市、榛原郡吉田町、榛原郡川根本町、森町、熱海市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、賀茂郡東伊豆町、賀茂郡河津町、賀茂郡南伊豆町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町