交通事故での適正な賠償金の請求や後遺障害の認定のためには、医学的な知識・経験が必要となる場合があります。
後遺障害の異議申立の際に交通事故の後遺障害に詳しい医師の意見書を提出することで、後遺障害が認定された例も多数あります。
当事務所では、交通事故紛争を適切に解決に導くために、弁護士が医学的知識の習得に努めることはもちろん、医師と連携し、法的知見と、医学的知見の両輪を揃え、交通事故被害者の方のサポートを行っております。

目次

医師 濱口裕之

静岡城南法律事務所の協力医、濱口裕之です。自賠責保険の後遺障害認定において、後遺障害診断書の内容は非常に重要です。しかし、主治医がその重要性に気付かず、不十分な診断書が作成されるケースが散見されます。さらに、主治医は忙しいので、必要な画像検査が漏れることも珍しくありません。このようなケースであっても、私が代表を務めるメディカルコンサルティング合同会社は、適正な補償を受けるための全般的なサポートが可能です。

実際、私たちは静岡城南法律事務所との連携により、多くの交通事故被害者を救済してまいりました。当社の医師意見書によって異議申し立てが認められたケースも少なくありません。交通事故被害者の皆様が公正な損害賠償を受けられるよう、全力でサポートいたします。

【資格および所属】
メディカルコンサルティング合同会社 代表医師 兼 CEO
医学博士
京都府立医科大学 臨床教授
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本リウマチ学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医

【メディカルコンサルティング合同会社】
https://medicalconsulting.co.jp/