交通事故の無料相談|静岡法律事務所 弁護士山形祐生

交通事故の交渉・裁判は、静岡法律事務所の弁護士山形祐生にお任せください。無料相談を実施しています。土日祝日のご相談も対応しています(要予約)。日本交通法学会に所属し、特に、後遺障害、死亡事故、主婦の休業損害に関する依頼が多いです。

「過失相殺」の記事一覧

駐車場事故で過失割合10対0の裁判例②|互いにバック・はみ出し駐車|静岡の弁護士が解説

初めて交通事故に遭われた方のために、駐車場での事故で過失割合が10対0と認定された裁判例について解説しています。主に、駐車区画に進入中、駐車区画から後退中の事故について紹介していますので、参考にしてみてください。

並走状態から車線変更があった場合の過失割合~事故状況の証明|静岡の弁護士が解説

初めて交通事故に遭われた方のために、「並走していた車が突然車線変更してきて横からぶつけられた」場合について解説しています。裁判例を中心に並走状態であったことを証明する方法について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【サンキュー事故】渋滞する交差点での事故の過失割合・裁判例|静岡の弁護士が解説

初めて交通事故に遭われた方のために、「渋滞する交差点での事故の過失割合・裁判例」について解説しています。いわゆるサンキュー事故についての解説です。被害者の過失が否定された裁判例も紹介していますので、保険会社から「動いている車同士なので0対10は無理」と言われて納得がいかないといういう方は、ぜひ参考にしてみてください。

交差点の交通事故で過失割合が10対0になった事例・判例(信頼の原則)|静岡の弁護士が解説

初めて交通事故に遭われた方のために、「交差点の事故で過失割合が10:0になった事例」について解説しています。いわゆる信頼の原則が認められた判例についても紹介しています。保険会社から「動いている車同士なので0対10は無理」と言われて納得がいかないといういう方は、ぜひ参考にしてみてください。